【浄化コラム】その?「水浄化」

2019年11月12日

【水による浄化】

水を使っての浄化方法は、マイナス(負)のエネルギーを洗い流して綺麗にしてくれる浄化方法です。
使用する水は、人に汚染されていない川や湧き水などの綺麗な天然水が一番好ましいですが、簡単な方法は水道水浄化です。
自然の水で浄化ができるなら、パワーストーンを流してしまわないように最新の注意をはらいながら、手のひらなどに載せて水にくぐらせます。自然の水なら、30秒くらいで。
浄化の時間は短くても大丈夫です。
石がきれいになった、スッキリしたという感覚を受けたら、水気を丁寧に拭き取ります。

水道水での浄化は、深さのある器にパワーストーンをいれ、上から水を流し入れます。
水は少量で流しっぱなしにしておきます。
毎日の浄化であれば30分で大丈夫です。
石がひどく疲れていたり、違和感を感じたときは、一晩そのままの状態で置いておきましょう。
浄化が完了しましたら、しっかり水気を拭き取って乾かしましょう。

石によっては、水に弱く、水浄化が向かないものもありますので、浄化を行う前に必ず自分のパワーストーンの浄化適性を確認しておきましょう。
※金属や革などを使っているアクセサリーや、ゴムを使ったブレスレットなども、水分によってパーツの劣化が起こる場合がありますのでご注意ください。

●水に弱いもしくは、長時間水につけてはいけないパワーストーン
オパール、インカローズ、ラリマー、セラフィナイト、チャロアイト、ラピス、マラカイト、セレナイト、セレスタイト、ターコイズ、カルサイト、タンジェリンクォーツ、クンツァイト、ヘマタイト、アズライト、クリソコラ、デザートローズ、パイライト、マーカサイト、エンジェライト、フローライト、アンバー、などなど

【水浄化の応用編】

浄化ミスト「シリスタミスト」を使って浄化してみましょう。
シリスタミストは、世界的な聖山「Mt.シャスタ」の天然水に水晶由来の成分を配合しています。
水道水浄化のあとに、シリスタミストをパワーストーン全体に吹きかけます。
より高い浄化力を望めますよ。

シリスタミストについて詳しくはコチラ